So-net無料ブログ作成

ヒアルロン酸 角膜移植で使われているもので、シワとり

ヒアルロン酸についてウィキペディアに調べてもらいました。
ウィキペディア

そこには、生産のところで、しっかり鶏冠からと書かれていました。

変形性顎関節症や角膜移植といった手術のときに、実際、医薬品としても使用されているヒアルロン酸

原料はというと、鶏冠からつくられているんですね。


経口摂取の効果についても、書かれています。
飲むヒアルロン酸効果についても、皮膚の水分分増加について効果があるとのこと。

だとすると、美潤は、経口摂取。つまり効果があるというもの。

薬剤師が、医療の現場で使われているヒアルロン酸に気づかないわけがありませんね。

それが今なら、たった500円で試せるなんて、お得!

高級な化粧品を買うより、体の中から摂ったほうが、効果があるし、コストも安いとなれば使わずにはおれません。




nice!(0)  コメント(0) 

薬剤師が作ったヒアルロン酸がお試し価格 [美潤]

これまで、コラーゲンやヒアルロン酸をとってきましたが、吸収率については、疑問があったのです。
これは、材料が鶏のトサカでできています。

この鶏のトサカは、既に、医薬品の材料として使われています。
鶏のトサカの中には、ヒアルロン酸が大変豊富に含まれていることがわかり、様々な利用がすすんでいます。例えば、角膜移植、変形性関節炎といったときの薬として使われていて、いわば安全性と吸収率については、お墨付きなんです、

この薬剤師さんが作ったヒアルロン酸を今ならお試しできるようです。



nice!(0)  コメント(0) 

ヒアルロン酸を豊富に含む鶏のある部分がフランス王家で食べられていた [鶏のとさか]

鶏のとさかというと、赤くてビラビラと揺れ動き、ちょっとグロテスクですね。

このとさかには、美を追求する女性にとって素晴らしい栄養が豊富に含まれているとは、日本ではあまり知られていませんでした。

このとさかについて書いてみたいと思います。

とさかはいつからどこで食べられてきたのでしょうか?

16世紀にさかのぼります。

16世紀、中世の時代ですね、フランス王家にイタリアから嫁いてきたカテリーナという女性がいました。

カテリーナ王妃が嫁ぐ前のフランス王家は、今のようなフランス料理ではなく、焼いた食べ物を大皿に盛って、手づかみで食べる、粗野なスタイル。今とは大違いですね。

イタリアから嫁いだカテリーナ王妃のふる里である、当時のイタリアはルネッサンス期です。

フランスよりも文化があった時代です。
カテリーナ王妃が、嫁入りと同時に連れてきた専属料理人が、今のフランス料理が確率していきます。

そうして、フランスブルボン長は最盛期を迎えるのですね。(このあと、有名なマリーアントワネットがトーストリアよりフランスへ嫁いでくるのですね。)

カテリーナ王妃が求めていたものは、じ私たちと同様、美と若さを求めていたのですね。
女性というのはいつの時代でも美を追求する生き物なのでしょう。

美しさを求めてカテリーナ王妃が好んで食べていたのが、鶏のとさかということなんです。
勇気がありますね。

日本ではあまり食べることがありませんが、焼き鳥屋さんでもだしているところもあるんですよ。

鳥しづという焼き鳥屋さんです。東京飯田橋にあります。

臭みもくせもなく、塩コショウで味付けされてとさかの形で出てきます。(以外と小ぶりです)

とさかのイメージは、あまりよろしくないのですが、成分を調べてみると、ヒアルロン酸が豊富に含まれていることがわかっています。

鶏にとって、このとさかは、いったいどんな役割をしているのでしょうか?
オスのほうが、このトサカは大きいですね。そして、繁殖期や興奮したときに、とさかを大きく広げます。
ということで、威嚇したり、メスへのアピールポイントなのでしょう。

頭の上にヒアルロン酸をのせているということで、ストックしているのでしょうか?

ストックする動物として、らくだが水をこぶの中に水を貯蔵しています。
砂漠の中で、水がいつ飲めるのかわからないところに住んでいると、体の中に水を貯蔵するのですね。
生きる術として身につけたのでしょう。

なるほど納得です。

なので、鶏も威嚇やアピールするためにあるトサカですが、蓄えとしてヒアルロン酸を蓄えたかったということもあると思います。

人間にもトサカやこぶといった貯蔵するところがいいのですが、皮下脂肪だけですね。あるのは。

このようにヒアルロン酸を多く蓄えたトサカを利用しない手はないと思います。
実際、医薬品にもつかわれているようです。
関節炎や角膜治療といった医療でつかわれているようです。製薬協よりhttp://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/development/q03_88.htm

トサカ、これはたしかな材料と言えますね。







nice!(0)  コメント(0) 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。